学業のための資金を用意する目的で利用されるのが学資保険という保険です。これは子供の将来の学習のために、親がかける保険ということになります。その学資保険には大きく分けて三つのタイプが存在しています。

まずは1型と呼ばれる学資保険です。このタイプの学資保険は、大学などに進学する際の資金を用意するだけではなく、中学や高校などの生活において必要なお金についても一時的に支払われるという支払い設定が為されているものとなります。

2つ目は2型と呼ばれるタイプです。こちらは中学高校における必要資金の支払いは行なわず、大学かそれに類する進学を行う際にのみ支払いが行なわれるというタイプです。一括支払いタイプとなっています。

そして最後に3つ目は3型です。こちらは大学だけではなく、大学院や海外留学などの特殊な学業に対してのお金も用意していくというものになります。中学高校の入学金、大学でのお金などを含めて、多くのタイミングで支払われていくことになるのが特徴です。

当然ながら、支払われる金額を大きくするためにはその分だけ多くの積立を行っていくことが必要となるため、経済的な状況と照らしあわせて無理のないプランを選択していくことが重要になります。

 
 

こちらの社長ブログもご覧ください